便秘体質で、妊娠を機に変えようと思った。

妊娠中なので子供への影響を考えると薬を使用したくなかったし、飲まなかった。

日常生活で気を付けたことは、
①朝、起きたらすぐにコップ1杯の水を飲むようにした。水を飲むことによって、腸が動き出す効果があるとのこと。これが一番自分には効果的であったと思う。
②日中は、ウォーキングやヨガ、家の掃除を念入りにし、積極的に体を動かした。特に床の雑巾がけは毎日した。家中を大掃除すると、フルマラソン以上の運動量であるとテレビで見たことがあるから。
③体のリズムを作るため、起床時間を決めた。
④少しでもお腹が痛いと感じたら、すぐトイレに入るようにした。時には、排便までいたらないこともあった。
⑤朝ご飯は、お腹が空いてから食べた(人の体は、お腹が空くとモチリンと呼ばれる 消化管ホルモンが働き腸内の便を排出させようとすると本で読んだから)。
⑥ごぼうやこんにゃく、さつまいもなどの食物繊維を多く含む食品をよく食べるように心掛けた。

以上の事を毎日根気よく続け生活習慣を変えたおかげで、出産して8年たった今でも毎朝排便する習慣がついた。

最近では、「もち麦(食物繊維が玄米の4倍)」が良いとテレビで知ってから、ご飯に混ぜて食べるようにした。すると、排便回数が1日多い時で3回でるようになった。

参考サイトはこちら⇒http://qiangui777com77.com/

妊娠中の便秘と息子の便秘

息子は現在1歳7ヶ月。

妊娠前は便秘知らずというほど、便秘をしなかったのですが妊娠中便秘でとても苦しみました。

息子は、現在便秘がほんとに酷く、顔を真っ赤にしながら泣きながらふんばるのでとても可哀想です。

改善策として私は妊娠中に、野菜ジュースとヨーグルトをとるようにしてみました。野菜ジュースがとても苦手で飲めなかったのですがお腹の赤ちゃんのためと思いながら我慢して飲んでいました。そしてヨーグルトは特にこだわりとかなくて、安い普通のヨーグルトを食べていたんですがけっこう効果ありました。野菜ジュースには食物繊維も入っているので、手軽にとれたことがよかったのではないかとおもっています。

さてさて問題なのは息子くんです。ご飯の偏食が酷くなり好き嫌いもあるので、ほとんどご飯を食べてくれません。牛乳をのんでくれないのでヨーグルトをあげるのですが、いらないと拒否されちゃいました。息子には野菜ジュースは効果あるかなと再度チャレンジしてみました。

100パーセントの野菜ジュースを飲ませると、スッキリと出るみたいです。野菜ジュースをのませないと、また元に戻って泣きながら出ないと訴えてくるので、野菜ジュースを家族で朝一杯飲む習慣をつけています。
参考になるかもしれません⇒http://xn--vek093g4wgfza031elmqovz.xyz/

首イボを除去する方法とは?

ネックレスをつけた時やメイクをしている時に気になる首イボ。

いつの間にかできていて、はじめは気づかない方も多いと思いますが、一度見つけてしまうとかなり気になってしまうものでもあります。

この首イボは、ほとんどが古い角質などが固まってしまったもので、年齢を重ねるごとに自然とできてしまうものです。

そのため、普段から気をつけていてもできてしまうので、なかなか厄介なんです。
かなり大きくなってしまった首イボは、皮膚科や美容外科で除去するしか取り除く方法はありませんが、小さな首イボであれば、自宅でケアすることもできます。

短期間でケアしたいのであれば、皮膚科や美容外科に行かなければなりませんが、育児に忙しいママは時間が取れないことも多くあります。
長い時間をかけてでもケアしたいという方には、自宅で毎日簡単にケアできる市販のクリームタイプがオススメです。

即効性は期待できませんが、使い続けていくことでお肌を傷つけることなく、自然と首イボを除去することができます。
また、美容液成分が含まれている首イボのクリームもありますので、毎日のスキンケアと同じように使用することができるものもあります。ご自分の肌に合うかどうかは、実際に使ってみなければ分かりませんが、気になる首イボがあるのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。⇒http://cxytjt.com/